どれにする?ランコムには化粧品を買うと「ついてくる」美顔器が

普通、美顔器というと、家電量販店で購入するものが主です。ですが、意外性のある商品で、「化粧品を買うとついてくる美顔器」があります。ブランドはLANCOME(ランコム)。

デパートコスメとしても有名なランコムには、美顔器つきの化粧品があります。

例えば、ランコムの「アプソリュレクストレコンセントレート」。30mlで55000円の美容液です。アプソリュシリーズは、超高級スキンケアシリーズなので、ローションは150mlで18500円、もう一つの美容液「アプソリュレクストレエッセンス」は30mlで55000円の価格。

これに、美顔器がついてきます。

ホームページによると「独自のマッサージペタル」だそうで、パリのランコムサロンのトリートメントが自宅で体感できるマッサージ用のスティック。ハンドプレスではなくて、このスティックで美容液をつけていきます。

また、同シリーズの「アプソリュレクストレアイトリートメントリチュアル」は、美容液とは違う形状のマッサージができるスティック状の美顔器つき。アイバーム15mlに、アイパッチ6回分のセットに、マッサージができるペタルつきで35000円なので、ボーナス払いになってしまいそうですが、こちらも「美顔器つき」の化粧品です。

もうひとつ、クリームの「アプソリュレクストレ」もあり、49gで52000円。こちらも値段が高いので、スパやエステに行くのと同じ効果を求めておうちケアする人が多いかもしれませんが、付属のスパチュラのような「クリームをつける道具」までもがセットになっています。

もし、ランコムでそこまで値段を出せないのなら、ヴィジョネアのシリーズ、「ポリッシングクリーム」がいいかもしれません。こちらは50gで12000円。アプソリュシリーズの値段を見ていると、お手頃価格なような気がしてしまいます。

ポリッシャーは、人間工学に基づいた製品で、「マイクロビーズ面」と「なめらか面」の2つがあります。

マイクロビーズの面は、何もつけずに。肌をすべらすと古い角質を除去してくれる効果があります。そして、その後になめらか表面で磨くと、肌がなめらかに。ポリッシャーを使ってマッサージもでき、古い角質は、小さい円をくるくる描くように滑らせていくだけ。週2回程度の使用が目安で、磨き上げることでキメ細かい肌を手に入れられます。

そして、クリームをのばした後は、もう片側のなめらかな面を肌にあてて、クリームを浸透させていくように動かします。顔の中央から外側に向かって動かすことで、むくみも解消。クリームがなくなっても他のクリームで代用すると、マッサージも継続できます。

 

カレースプーンで美顔器!100円でできるシミ取り方法は?

美顔器を購入するにも、いいものだと数万円かかってしまうので、結局は憧れだけで終わってしまう場合が多いです。会社員の人だとボーナス払いで思い切って払うこともあるのでしょうか。

そんな場合は、「スプーン」を美顔器にしてみましょう。誰の家にもあるカレー用のスプーンが美顔器になります。パリコレモデルでもこのカレースプーン美容法を取り入れている人はいるとか。

一般的に冷蔵庫に入れて、少し冷やしたものをパッティングに使うのですが、それを進化させたのが、美容研究家の小林ひろ美さんの発案の美容法。なんとカレースプーンで、「シミ取り」もできてしまう方法を考えだしたといいます。小林ひろ美さんは50歳になるのに若々しく、肌が実証しているならやってみようとさえ思います。

「スプーン美顔器」は、カレー用スプーン1本で毛穴を引き締めて、リフトアップもできる美容法。重さもあり、握りやすいことから、デザートスプーンよりもカレースプーンの方がいいようです。

ぬるま湯と氷水の2つがあれば、すぐにできる方法で、ぬるま湯は38度から40度。お風呂でやるなら、お風呂の水を使えば、あとは氷水さえあれば実践できます。

シミを消したい時は、

①氷水にスプーンを入れて冷やす
②スプーンの柄の下を持ち、シミが気になるところにスプーン裏側を当てて30秒ほどおく
③お湯につけたスプーンの裏側をシミが気になるところに30秒ほど押しつける

だけ。

一般的に毛穴を引き締めたい時は、

①スプーンの柄を持って、頬から外側に叩く

だけ。

どんな悩み対策かに応じて、パッティングをするのか、ぬるま湯+氷水を使うのかが違います。

注意点はスプーンを目に突き刺さないことくらいでしょうか。目元のクマ対策としてスプーンを使っていると、スプーンの先を刺しそうになりますからそれだけ注意を。それ以外は、自宅にあるものででき、新たにカレースプーンを購入するにしても100均の商品ではじめられます。ぬるま湯だって、氷水だって原価は0円。家にあるスプーンなら0円ではじめられます。

もちろん、専用の美顔器だと、イオンが発生して角質の汚れが取れたり、レーザー治療ができてシミそばかすを薄くすることができたりもします。そういった点はどうしても勝つことができませんが、お金がないから美顔器が買えないなら、アイデア次第で美肌にすることはできる!

過去に流行した「かっさ」も、チャーハンを食べる時の「れんげ」で代用して使うワザもあります。代用アイテムで美顔器として使うことで、低予算で美肌に挑戦できます。

美顔器のレンタル!時代は「使って試して」から買う時代に

美顔器にも、たるみ防止、クマ防止、レーザーが使えるシミ予防の製品があります。そして、気になるのは「自分にはどの美顔器がいいのかどうか?」ということ……。

そんな時は、レンタルする選択肢があります。健康器具でも、高いお金を出しても、結局のところは家のオブジェになってしまった人もいます。また、新型の製品が登場するとそちらが使いたくなってしまう人だっています。1年に1回のリニューアルで常に最新型を使いたい人は、レンタルの方が効率的だったりもするかもしれません。

また、使い方もあります。入園式や入学式などの”ハレの日”の前に集中して1ヶ月だけ使いたいことだってあるはずです。

DMM.comの「いろいろれんたる」では、生活家電で、美顔器も「レンタルできる」!もちろん、正規品を買うよりも安く、色んな美顔器を”比較しながら”試せて、その後で購入するもよし、違う製品をレンタルしてもよし。

例えば、MTGの「リファカラット」は1ヶ月4540円~の料金。送料は無料。普通に購入すると24900円の商品なので、とりあえず1ヶ月レンタルしてみるのもいいでしょう。

パナソニックの頭皮エステ、EH-HE97-VPだってレンタル可能。1ヶ月3540円~の価格で、「頭皮エステって効果があるの?」と考えている人におすすめ。これは普通の美顔器と併用して使うことができます。

それだけではなく、ヤーマンの美容ローラー、MTGの座るだけでウエストシェイプができるクビレディ、ツカモトエイムのヒップ用のマッサージチェア「エアリーシェイプ リゾート」だってレンタルができます。有名美顔器が1ヶ月「だけ」使えるので、新製品を試したい人にぴったりのこの制度。しかも大体の商品が1万円以下で借りることができ、レンタル期間も1ヶ月。数日じゃないので、効果をしっかりと感じつつレンタルができます。

もちろん、レンタルだと好きな時間に使うことができるので、マッサージ店やエステサロンに行くよりも、気になる時に使えるため、お得に使えたりするものです。

美顔器だけでなく、美容家電のスカルプドライヤーや、腹筋を鍛えることができるワンダーコアスマート、レッグマジックサークルなども新製品が1ヶ月レンタルできて、家で好きな時間にできるので”外出しなくても”ダイエットが可能!テレビを見ながら使えたりします。意外と知られていない美顔器レンタル。5000円予算で1ヶ月美顔器を借りて、効果を感じてみるのはいかがでしょうか。

何がいい?美顔器選びはこうすれば納得!比較サイトがカギ

数多くの美顔器が販売されている現在。自分に合った、どれか1台を選びたい時、商品選びは迷ってしまうもの……。予算がありあまるほどあるのなら、1台だけでなく何台かを購入すればいいものの、そうではない人がほとんど。1台あたり数万円してしまう美顔器が多いので、自分には何が合いそうなのかを調べられるといいですよね。そんな時は「悩み別」に選ぶのがおすすめです。

例えば、悩みによって選ぶなら

・リフトアップ美顔器
・毛穴ケア美顔器
・ほうれい線を消す美顔器
・小顔になる美顔器
・シミを消す美顔器
・たるみ解消美顔器

があります。

例えば、30代になって顔全体のたるみが気になるのなら「リフトアップ美顔器」や「たるみ解消美顔器」からお気に入りの1台を選んでみます。また、日焼けによるシミソバカス、出産でのシミができてしまった人は「シミを消す美顔器」。

ほか、表情ジワのひとつであるほうれい線が気になっている人は、「ほうれい線を消す美顔器」を選んで、集中じっくりケアをすることが重要です。

価格だけではなくて、「自分がどうなりたいのか」考えつつ選びます。

そして、クチコミ評価も大切。美顔器といっても、人によって「合う・合わない」があり、その人の悩みがどれだけ解消されたかの体験談を読むのが一番です。

美顔器 ランキング 2017には、携帯できるミスト型の美顔器や、イオン導入ができる商品、超音波商品、エステサロンでシミ対策としても取り入れられているレーザー&光エステ型の美顔器、そしてたるみを改善するローラー型の美顔器の紹介がされています。また、ランキングも掲載されているので、クチコミで「みんなが効果的だった」商品もわかります。

美顔器と聞いて、値段だけで選んでいる人もいるかもしれませんが、自分の悩みに「最短で効果があるか」が一番大切。

中には同じように見えても、高周波が出る出ない、EMSの効果がある、レーザーが出るのでエステサロンやクリニックと同様の効果がある美顔器もあったりして、本当に「中身が違う」!

また、資生堂の化粧品ブランド・エリクシールから限定キットとして発売されている美顔器と化粧水のセットもあります。今は家電メーカーだけでなく、美顔器メーカーからの発売、化粧品とのセット発売があり、網羅するには情報を追わなくてはいけないんですね。芸能人がプロデュースする美顔器もあり、杉本彩さん、田丸麻紀さんプロデュースの美顔器紹介もありました。

知らなかった美顔器もきっとあるはずなので、網羅されているホームページで比較してみて、どれが合いそうかを選んでみましょう。

 

あなどれない!ニトリで買える美顔器があったって本当?

「お、値段以上」のニトリでも、美顔器が購入できます。ニトリと言えば、ベッドやカーテン、ラグなどのインテリア用品と思いがちです。しかし、今や美容家電もたくさん販売されています。ニトリといえば、「ニトスキ」と呼ばれるスキレット鍋もヒット商品でしたよね。

ニトリの美容家電は、オンラインショップでも購入することができます。7000円以上じゃないと送料無料にはならないのがネックですが、インターネットで気になった商品は、店頭に行ってチェックしてから購入することもでき、もしかすると、家電量販店よりも安く買うことができたりも……。

美容グッズも、レディーシェーバー(1886円)、歯の消しゴム(570円)、ミニホットビューラー(476円)、ネイル乾燥機(476円)、ノーズケア(476円)と、この製品がこの値段で買えていいの?と思ったりもします。どれもが低価格です。値段が安いので、一人暮らしでお小遣いがあまりない人だって複数買いができます。

ニトリの美容グッズで、「お、値段以上」と評判なのは「フェイシャルクリーナー」。

価格は1420円です。この商品は、一般で販売されている洗顔用のブラシと同様。デパートコスメが化粧品とセット販売していたりして、洗顔ブラシは美容業界でも注目されている商品です。ニキビ治療の際に使える洗顔ブラシにも似ている商品、それが1420円+税の1500円予算で買えます。

このフェイシャルクリーナーについて見ていくと、ちゃんとヘッドが変えられるんですね。「やわらか洗顔ブラシ」、「シリコン洗顔ブラシ」、「肌を刺激するローラー」の3種類のヘッドがついていて、それぞれで交換も可能。

洗顔ブラシは細かいびっしりと生えた毛なので、泡をブラシにつけて顔をやさしくすべらせることで洗顔ができます。また、洗い心地を変えたい時はシリコン製のブラシにつけかえて、しっかり洗浄もできます。そして、シリコンボールが回転してマッサージしながらスキンケアできるローラーは、乳液、クリームをつけて使います。マッサージしつつ使えるローラーはエステサロンに行ってケアしてもらうような感じ。贅沢気分を味わえます。

ニトリの美顔器でのメリットは、何より安いということ。美顔器を買うのは、家電がひとつ増えるということ。どのくらいの期間使うかわからないアイテムを追加買いするのは躊躇しますよね。そんな時もニトリの商品なら、安いので気軽に試し買いができるわけです。

頭皮ケアをすることで美顔器並みの効果が?「フィンガーヘッドスパ」って

頭皮マッサージをすることで美顔につながると言われています。理由としては、顔から一番近い部位でもある頭皮。頭皮と顔は「一枚皮」でできていて、頭皮をマッサージして”引き上げる”ことで、顔のリフトアップにもつながるとされているから。

顔はケアをしていても、ヘアケアまではそこまで気が回らなかった人が多いです。そして、ヘアケアでも髪の毛だけでなく「頭皮」までは、そこまでケアをしてこなかった人も多かったものの、近年、注目されています。

美顔器なのか、美頭皮器なのか賛否が分かれるところですが、ヘッドスパができる機械=美顔につながると言われているんです。

さきがけはパナソニックで、頭皮エステの機械があります。シリコンの素材でできた部分を頭皮にあてて、4つの突起が動くのを感じるヘッドスパは、モードが選べて海外でも使用できる特徴がありました。

そして、最近注目されているのがインボーテの「フィンガーヘッドスパ」です。これ+は、ドン・キホーテでも販売されているのをよく見かけます。PLAZAや東急ハンズ、LOFTなどにも売っていて、雑貨店でも見かけるようになってきました。

この製品、5本の指のような部分と持ち手からできている美顔器?美頭皮器?です。

クリスティアーノ・ロナウド選手がイメージモデルをつとめる「シックスパッド」を販売するMTGから販売されていて、価格は8800円。

製品を調べると、5本の触手のような部分を頭皮につけて、皮脂汚れを落とすことで、夏の暑い日は汗汚れを落とすことができるほか、防水タイプなのでお風呂場、シャンプー中にも使えるそうです。振動を感じつつ頭皮をマッサージし、ハードモード、ソフトモードの2つのモードを切り替えする単純操作なのもわかりやすい点。

第二の手のような存在で、「頭皮から美顔になれる。」存在とか。

頭皮を洗って引き上げることで、髪の毛のツヤが与えられるばかりか、表情が変わります。例えば、外出が長時間になった日、夏の暑い日は頭皮を洗ってすっきりしたい!と思って、すっきりタイプのシャンプーを使うこともあります。そんな時に使って、頭皮の皮脂汚れを洗うことで、髪の毛のニオイを改善できるばかりか、美容院のスカルプマッサージ体験も自宅でできます。

髪の毛をとかすようにして使う方法は、ブラッシングに似ているので、こそぐったいとか痛いとかいうこともなく、毎日のケアに取り入れやすいです。

美顔器でスチーマーは?こんな使い方で美人度アップ

おうちケアとして取り入れることができ、簡単に効果がアップするのが、フェイススチーマー。マッサージをする時に利用するほか、メイク落としをする時にもフェイススチーマーを利用できます。

美顔器でもスチーマーは人気です。スチーマーは英語だと「Steam+er」。スチームは蒸気という意味です。蒸気を吹きだす装置のこと。よく、スチームアイロンとか言いますよね。あれはスチームを出しながらアイロンをかけることができます。

スチーマーといえば、代表メーカーはパナソニック。パナソニックのスチーマーを見ると現在は3機種を販売しているようです。

・スチーマーナノケアEH-SA97
・スチーマーナノケアEH-SA67
・スチーマーナノケアEH-SA37

です。商品によって、「ハリ/弾力コース」、「クイック温冷コース」、「クレンジングコース」が選べたりします。ただ、美顔器初心者は最上位機種じゃなくて、一般的な機種でもOK。アマゾンでは、今販売されているものの前の機種(旧機種)が安く販売されていることもあり、古くてもいいというのなら、少し前の商品を購入してもいいかもしれません。

水蒸気を与えながら顔のマッサージをすることで、血行もよくなります。温かい蒸気を顔にあてると、それだけで気持ち良さそうと思いませんか?おしぼりで顔を拭くおじさんの気持ちがわかるかも!首、デコルテあたりもしっかり水蒸気で温めることで、首のこり、肩こりをほぐす作用もあります。普段からデスクワークで肩こりに悩んでいる人は、顔のケアと同時に肩こり、首こりを治すことだってできます。

また、毎日のクレンジングにもスチーマーを使うこともできます。メイク落としをしながらスチーマーをかけると、汚れ落ちが早いといったクチコミもあります。水かぬるま湯で洗い流す前にスチーマーをかけつつ「汚れを浮かせる」ことで、しっかりメイクを落とせます。これは蒸しタオル美容法に似ています。スチーマーの蒸気で肌の奥の汚れをしっかり浮き上がらせることで、いつもは落としきれていないメイク汚れを落とします。

古い角質があると、肌がごわついてしまい、肌の老化にもつながるとか。汚れが残っていると、その後につける化粧水や乳液が浸透していかない場合もあるようです。そんな時にもスチーマーが活躍するというわけですね。2~3日に1回、定期的に使うと肌のキメも細かくなると言われています。メイク落としなどと併用して使えるのが便利な美顔器です。