カレースプーンで美顔器!100円でできるシミ取り方法は?

美顔器を購入するにも、いいものだと数万円かかってしまうので、結局は憧れだけで終わってしまう場合が多いです。会社員の人だとボーナス払いで思い切って払うこともあるのでしょうか。

そんな場合は、「スプーン」を美顔器にしてみましょう。誰の家にもあるカレー用のスプーンが美顔器になります。パリコレモデルでもこのカレースプーン美容法を取り入れている人はいるとか。

一般的に冷蔵庫に入れて、少し冷やしたものをパッティングに使うのですが、それを進化させたのが、美容研究家の小林ひろ美さんの発案の美容法。なんとカレースプーンで、「シミ取り」もできてしまう方法を考えだしたといいます。小林ひろ美さんは50歳になるのに若々しく、肌が実証しているならやってみようとさえ思います。

「スプーン美顔器」は、カレー用スプーン1本で毛穴を引き締めて、リフトアップもできる美容法。重さもあり、握りやすいことから、デザートスプーンよりもカレースプーンの方がいいようです。

ぬるま湯と氷水の2つがあれば、すぐにできる方法で、ぬるま湯は38度から40度。お風呂でやるなら、お風呂の水を使えば、あとは氷水さえあれば実践できます。

シミを消したい時は、

①氷水にスプーンを入れて冷やす
②スプーンの柄の下を持ち、シミが気になるところにスプーン裏側を当てて30秒ほどおく
③お湯につけたスプーンの裏側をシミが気になるところに30秒ほど押しつける

だけ。

一般的に毛穴を引き締めたい時は、

①スプーンの柄を持って、頬から外側に叩く

だけ。

どんな悩み対策かに応じて、パッティングをするのか、ぬるま湯+氷水を使うのかが違います。

注意点はスプーンを目に突き刺さないことくらいでしょうか。目元のクマ対策としてスプーンを使っていると、スプーンの先を刺しそうになりますからそれだけ注意を。それ以外は、自宅にあるものででき、新たにカレースプーンを購入するにしても100均の商品ではじめられます。ぬるま湯だって、氷水だって原価は0円。家にあるスプーンなら0円ではじめられます。

もちろん、専用の美顔器だと、イオンが発生して角質の汚れが取れたり、レーザー治療ができてシミそばかすを薄くすることができたりもします。そういった点はどうしても勝つことができませんが、お金がないから美顔器が買えないなら、アイデア次第で美肌にすることはできる!

過去に流行した「かっさ」も、チャーハンを食べる時の「れんげ」で代用して使うワザもあります。代用アイテムで美顔器として使うことで、低予算で美肌に挑戦できます。